社 葬

社葬とは、故人様の功績を讃え、企業が主催で執り行なう葬儀のことをいいます。葬儀費用を負担する「施主」を会社側が担い、遺族の代表者が「喪主」を務めます。 その為、両者の意向や都合を充分に配慮しながら事を進めるのが重要です。また、参列者の人数を想定した会場の手配や社葬を執り行う日時の取決め等、通常の葬儀とは異なる段取りを、手際よく進めるスキルが必要とされます。

安心できる社葬のご用命は、創業半世紀を越える信頼と数多くの社葬実績がある、平安祭典にご相談ください。

事前相談から社葬当日まで、厚生労働省認定資格の一級葬祭ディレクターが、豊富な社葬経験を活かし、社葬のプロフェショナルとして御社を力強くサポート致します。

 

 

*掲載費用はあくまでも一例です。ご希望のご予算をご遠慮なくご相談ください

 

ネットクラブ特別価格=平安祭典ネットクラブ特別価格になります。

ネットクラブ特別価格=平安祭典ネットクラブ特別価格になります。
  • 社葬など300名様[会葬者の多い葬儀] 2,805,200円(税別)

平安祭典 ネットクラブ かんたん登録 白木祭壇すべて10%割引&基本セット164,000円割引 無料登録はこちらをクリック さらに「お得」な葬儀 互助会システムご案内 こちらをクリック

白木祭壇すべて10%割引&基本セット164,000円割引ご葬儀ご用命の際は「平安祭典ネットクラブに登録済み」とお伝えください 無料登録はこちらをタップ※パソコン版のページに移動します。 互助会システムのご案内

葬祭費補助金制度

申請に必要な書類

健康保険証、印鑑、火埋葬許可証(死亡診断証)、葬祭費・埋葬料支払申請書、受取人名義の通帳口座番号、葬儀料金の領収書

補助金「葬祭費」が支給されます。

国民健康保険または後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなられた場合、住民登録地の役所担当窓口に申請すれば、補助金として「葬祭費」が支給されます。

※詳しくは、市区町村の役所担当窓口にご相談ください。

補助金として「埋葬料」が支給されます。

健康保険の被保険者が亡くなられた場合、埋葬料5万円が遺族に支給されます。
遺族がいない場合は、実際に埋葬を行った方に埋葬料(5万円)の範囲内で実際に要した費用が「埋葬費」として支給されます。
また、被保険者の扶養家族が亡くなられた場合は「家族埋葬料」として5万円が支給されます。

※詳しくは、勤務先の総務担当者または全国健康保険協会の各都道府県支部にご相談ください。

ご注意 補助金は、申請しないと受け取ることができません。
申請期限は葬祭日(地域によって死亡日)から2年以内です。
葬祭費用の領収書などが必要となるため、ご葬儀の前には受け取ることができません。
お見積りはこちら 年中無休 ご相談無料 もしも…の時の安心ダイヤル お気軽にお問い合わせください
資料請求 お問い合わせ