世田谷区の斎場一覧

世田谷区の斎場一覧

平安世田谷 住所 東京都世田谷区船橋6-1-5
平安世田谷 電話番号 03-3303-4100
アクセス ※電車とバスをご利用ください。

京王線八幡山駅より
京王バス希望が丘団地行き【八01】
バス停5ッ目の船橋交番北バス停下車

小田急線千歳船橋駅より
小田急バス希望が丘団地行き【歳25】
バス停5ッ目の船橋交番バス停下車徒歩1分
詳細はこちら 世田谷区にある家族葬に最適な貸切セレモニーホール
みどり会館 住所 東京都世田谷区北烏山5-1-5
みどり会館 電話番号 0120-363-357
アクセス 京王線「千歳烏山駅」徒歩15分
詳細はこちら
光母寺烏山斎場 住所 東京都世田谷区北烏山8-5-4
光母寺烏山斎場 電話番号 0120-363-357
アクセス 京王線「千歳烏山駅」徒歩15分
詳細はこちら
円泉寺 太子会館 住所 世田谷区太子堂3-30-8
円泉寺 太子会館 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・東急田園都市線・世田谷線
  「三軒茶屋」駅下車 徒歩10~15分
勝国寺 青龍殿 住所 世田谷区世田谷4-27-4
勝国寺 青龍殿 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・東急世田谷線「松陰神社前」駅下車 徒歩7分
 ・東急世田谷線「世田谷」駅下車 徒歩7分
善宗寺 住所 世田谷区上野毛4-25-7
善宗寺 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・東急大井町線「上野毛」駅下車 徒歩12分
【バス】
 ・「千歳船橋」駅より
  東急バス「田園調布駅」行(園01)
  「瀬田営業所」バス停下車徒歩3分
妙法寺 住所 世田谷区大蔵5-12-3
妙法寺 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・小田急線「成城学園」駅下車 徒歩15分
【バス】
 ・小田急線「成城学園」駅南口より
  東急・小田急バス「渋谷駅」行
  「東宝前」バス停下車 徒歩2分
 ・JR「渋谷」駅より
  東急・小田急バス「成城学園駅」行
  「東宝前」バス停下車 徒歩2分
 ・「都立大学」駅北口より
  東急バス「成城学園駅」行
  「東宝前」バス停下車 徒歩2分
専浄寺 住所 世田谷区等々力6-7-10
専浄寺 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・東急大井町線「自由が丘」駅
 ・東急大井町線「尾山台」駅下車 徒歩15分
【バス】
 ・自由が丘駅より
  東急バス「駒沢深沢キャンパス前」行
  「八幡中学校」「等々力7丁目」バス停下車
  徒歩3分
常在寺 住所 世田谷区弦巻1-34-17
常在寺 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・東急世田谷線「世田谷」駅下車 徒歩7分
【お車】
 ・国道246号または世田谷通りからすぐ
慈眼寺 住所 世田谷区瀬田4-10-3
慈眼寺 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・東急田園都市線「二子玉川」駅下車 徒歩10分
 ・東急田園都市線「用賀」駅下車 徒歩10分
成勝寺 住所 世田谷区宮坂2-24-5
成勝寺 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・小田急線「経堂」駅
  小田急線「豪徳寺」駅下車 徒歩5分
 ・東急世田谷線「山下」駅下車 徒歩4分
深沢不動教会(医王寺) 住所 世田谷区深沢6-14-2
深沢不動教会(医王寺) 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・東急田園都市線「駒沢大学」駅
  東急田園都市線「桜新町」駅下車 徒歩約20分
福昌寺 住所 世田谷区経堂1-22-1
福昌寺 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・小田急線「経堂」駅下車 徒歩2分
耕雲寺 住所 世田谷区砧7-12-22
耕雲寺 電話番号 03-3339-1101
アクセス 【電車】
 ・小田急線「祖師ヶ谷大蔵」駅下車 徒歩7分

世田谷区の概況

世田谷区は東京都23区の南西部に在り、面積は58.05k㎡、2018年9月1日時点の総人口は907,495人(世帯数479,160・男性430,402人・女性466.771人)で、都内最大の人口を誇る特別区です。ちなみに区内における外国人の数は、2万人を超えています。
1990年代に羽田空港の埋め立てなどによって広くなった大田区に抜かれるまでは、最大面積の東京都特別区でした。東京都特別区の中では比較的都心から遠く、武蔵野台地の南部に位置しており、起伏の多い地形になっています。23区の中で稀な内陸性の気候となっているため、冬季には都心より低い気温になる日が多いです。区の木は「ケヤキ」、区の花は「サギソウ」です。

世田谷区の地理

世田谷区のエリアは武蔵国にあり、江戸時代から明治・大正にかけて同地域の地方郡に属していました。東京市世田谷郡が発足したのは、1932年です。歴史と風土から、主に区を5つの地域に分けて考える手法が、現在においては一般的に行われています。
「三軒茶屋・東京世田谷線沿線・国道246号の世田谷通り・区役所周辺などを中心に商業が盛んな世田谷地域」「静かな住宅街が多い北沢地域」「玉川田園調布や武蔵野の雑木林が残っている等々力渓谷などがある玉川地域」「地形に起伏があって、砧公園や多摩川河川敷など数多くの公園が存在している砧地域」「住宅地・商業地が半々で緑も多い鳥山地域」の5つです。

世田谷区の歴史

古来より、世田谷区のエリアは武蔵国の多磨郡・荏原郡に属していました。
近世においても江戸の城下町(御府内)には含まれておらず、旧東京市に編入されたのは、昭和時代の世界恐慌後です。年末年始の風物詩である世田谷ボロ市は、1578(天正6)年に小田原北条氏の治世下で開かれた楽市を起源としています。代官屋敷を中心にいわゆるボロ市通りで行われる区最大のフリーマーケットイベントで、700店以上の露天が立ち並び、1日で約20万人もの来訪があります。

世田谷区の名所・旧跡

井伊直弼の墓がある豪徳寺や九躰の阿弥陀如来像で知られる九品仏浄真寺などが、世田谷区の著名な寺社です。主な公園として、園内に世田谷美術館を備える砧公園、世田谷区立梅丘図書館・羽根木プレーパーク・茶室「日月庵」などがある羽根木公園、ミニSLが走行している世田谷公園、馬事普及の拠点として日本中央競馬会が運営する馬事公苑などが挙げられます。
お見積りはこちら 年中無休 ご相談無料 もしも…の時の安心ダイヤル お気軽にお問い合わせください
資料請求 お問い合わせ