葬儀のQ&A

平安祭典トップ

葬儀のQ&A

葬儀に関して、お客様からよく頂くご相談をまとめました。ご参考になさって下さい。
もし、こちらの内容で解決しない場合、当ホームページの「お問い合わせ・資料請求」からご質問を頂くか、
03-3633-3357 までお電話下さい。

ご相談一覧

危篤の連絡を病院から頂きました。どうしたらよいのでしょうか。
ご家族や血縁者で看取られるのが、望ましいと思います。
平安祭典は、事前葬儀相談のお問い合わせも承りますのでお問い合わせください。
*葬儀費用のご相談やご心配ごとがございましたら、ご遠慮なくお電話ください。
(電話03-3633-3357まで)
在宅療養中に亡くなったら、どうすれば良いのでしょうか。
容態が変わり手遅れになる前に、往診医または救急119番に電話して容態を適切に説明してください。
呼吸をしていない場合でも医師や救急隊が出向き蘇生処置を施し、一命を取り留めるケースも有ります。
発見が遅れ、すでに死亡(変死)している場合は、警察に連絡してください。
この際の注意点として遺体には手を触れないことです。
警察が来て検死するまでは状態をそのままに保ってください。
異常がある場合や死因不明には、条例に従い行政解剖等の検査となります。
遺族の中で、誰が喪主になれば良いのでしょうか。
配偶者である夫・妻が良いでしょう。
次に息子・娘となりますが、未成年者の場合は、
故人の親や兄弟が喪主となっていただく事ともあります。
以前は家を継ぐ男性が喪主と限られておりましたが、
現在は性別にかかわらず、遺族の中から配偶者や子が務めるのが一般的です。
亡くなるとよく北枕にすると聞きますが、どんな意味を持っているのでしょうか。
北枕とは、お釈迦さまが一切の苦や束縛から解き放たれた最高の境地「涅槃」には
いられた時の頭北面西(頭が北で顔が西)の姿に習ったものと言われています。
ご安置をする場所の問題等で、北枕に出来ない時には西を枕安置に致します。
西方とされる極楽浄土を向くと安らかに成仏できると考えられた仏教思想に基づいて
いる教えです。
ページトップへ
(家族葬)家族だけの葬儀を希望することは出来るのでしょうか。
勿論、ご遺族の希望どおりに出来ます。
ご葬儀の内容はご遺族のご要望に添ってお手伝いさせて頂きます。
平安祭典では銀座メモリアルホールの他、家族葬イーズルームなど
「家族葬専門式場」もご用意致して おりますので安心してお任せください。
葬儀の日時と場所はどの様にして決めるのでしょうか。
日時は、ご遺族の希望・お寺様の都合・火葬場の空き、休み(友引)・葬儀会場の
使用状況等を考慮し お決めする事となります。 
場所(葬儀会場)については、ご遺族のご希望に副ってお決め致しますが、
平安祭典がお勧めする会場のご提案やご相談も承りますので、お問い合わせください。
自宅で葬儀は出来ますか
大切なことは、祭壇を飾り、柩(ひつぎ)を安置し、
僧侶とご家族が座れる広さが必要だということです。
また、柩を丁重に扱い出せる広さが、玄関や間取りに求められます。
次に、弔問客のおもてなし(会食場) ・駐車場・受付等の屋外の設営等で
ご近所にご迷惑を掛けるようなら、事前に了解いただくのが礼儀です。
*平安祭典では、自宅での葬儀は勿論、集会所・寺院・公営民営の会場等での葬儀も承ります。
遺影写真の選び方はどうすれば良いでしょうか。
若い頃の写真を希望される方も多いのですが、そのお歳まで生きた証として残る写真です。
出来るだけ 近年に撮影した写真が良いと思います。
いつの日か、孫や曾孫、まだこの世に生まれていない子孫が、
自分の先祖様として残された遺影を興味深くご覧になることでしょう。
ネガがなくてもスナップ写真で大丈夫です。
また、デジカメのデータでお預かりすることも可能です。
現在では、着せ替え合成をしないで普段着のままでの遺影写真をご希望される葬儀も
増えてきました。
*平安祭典では、遺影写真の背景の配色や風景など、
ご遺族の御希望に応じて制作することが可能です。
ページトップへ
ご供花や供物はどの様な順序で並べてお飾りするのですか。
ご芳名札の順序は喪主(施主)様にお決めいただきます。
祭壇に近い方から喪主、遺族で始まり、親族の順にお飾りします。
親族以外の供花は前列から飾り、最前列の右内側が目立つ位置で、最も上座となります。
供花や供物の設営する場所の広さ等で礼儀が尽くせない場合は、
「順不同」と表示した札を立てるなど配慮するのが良いでしょう。
焼香の意味と回数を教えてください。
お焼香とはお香で自分を清めて故人を供養する儀礼です。
お焼香の回数は宗派や考え方によって異なりますが、1回から3回。
参列者が多く大勢の方が、後方にお待ちの時は、
時間をかけずに1回の焼香で心を込めて手を合わせてください。
通常は、亡くなった方の宗派に合わせて供養するのが良いでしょう。
また、数珠は自分の宗派のものを持っていってもかまいません。
お焼香の時は右手で焼香するので左手に持って胸の高さまで上げておきます。
お焼香の回数 真言宗3回 曹洞宗2回 日蓮宗3回 臨済宗は1回
天台宗・浄土宗ともに回数の決まり無し 浄土真宗本願寺派1回 大谷派2回
抹香の捧げ方は、臨済宗・浄土真宗では額まで上げません。
通夜の弔問に際しての服装は、一般的に何が良いのでしょうか。
基本的には、喪家ではないので地味な平服でもかまいません。
しかし、一般会葬者も通夜に礼服を着て 弔問するのが定例化しております。
香典を包む一般的な金額を教えてください。
自身の年齢や故人との親密さにもよりますが、一般的な香典は下記の通りです。
両親:10万円 兄弟姉妹:3万円~5万円 祖父母:1万円 親戚:1万円~3万円
勤務先上司:5千円~1万円 勤務先の同僚・部下:5千円 勤務先社員の家族:5千円
取引先関係:5千円~1万円 近所の人:3千円~5千円
連名の場合:千円~5千円
ページトップへ
通夜と告別式の両日弔問しますが、香典はどちらに持参するのでしょうか。
最初に弔問した通夜にお渡しするのが良いでしょう。
不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」では、どう違うのでしょうか。
仏教葬儀の場合は四十九日までは「御霊前」、
四十九日後は「御仏前」と書くと言われています。
しかし、浄土真宗では教義上「霊」は認めていないので
正しくは通夜の時から「御仏前」です。
キリスト教は「お花料」、神道は「御玉串料」「御榊料」と書くとされています。
お棺に納めたい故人の愛用品は、どんな物が入れられますか。
現在では、火葬場の指導により可燃物のみとされています。
また、入れられない品物は、可燃物ではあるが燃焼の妨げになる厚い書物や
大きいぬいぐるみ、公害の発生源となる靴やCDなどの石油化学製品、
火葬炉の故障原因となる釣竿などのカーボン製品、ご遺骨損傷の原因となる
ガラス製品・金属製品などがあげられます。
出棺のあいさつは誰がするべきでしょうか。
喪主または遺族の代表者が、ご親戚やご弔問の皆様に謝辞を述べて頂くのが良いでしょう。
ページトップへ
お骨上げはどのようにするのでしょうか。
長箸を持ち、2人1組になってご遺骨を拾い収めます。
この「箸渡し」は「箸」と「橋」の音が同じ事から、故人をこの世からあの世へ、
そして三途の川を無事に渡れるように祈願する事からきていると言われています。
しかし、浄土真宗は導師の意向により箸渡しをせず一人で遺骨を拾うこともあります。
分骨したい場合は、どのようにすれば良いのでしょうか。
ご出棺の前日までに分骨のご意向を平安祭典にお伝え下さい。
分骨壷の手配は、平安祭典が承ります。
僧侶のお布施(神官への謝礼)はいつ、どのように渡すのですか。金額の目安は?
本来は菩提寺に出向きお渡しするのが良いのですが、最近では通夜時に葬儀会場に
僧侶がお越しになられた際にお布施を渡される方が多いようです。
金額については菩提寺に直接ご相談される事をお勧め致します。
平安祭典で僧侶を手配する場合、
お布施の金額については、お打ち合わせ時にご説明致します。
弔電や供物を頂いた人へのお礼はいつごろまでにするべきでしょうか。
ご葬儀後、出来るだけ早めに礼状を添えた菓子折等を贈るのが良いでしょう。
平安祭典では、弔電や供物を頂いた方に感謝の気持ちをお伝え出来るお礼状
「お礼カード」をお取扱い 致しております。
ページトップへ
生前に頂いたお見舞いのお礼は、いつごろまでにするべきでしょうか。
見舞金のお礼は、納骨後の香典返しとご一緒に返すと良いでしょう。
香典返しの品物は、選び迷うことが多いと思いますが、平安祭典アフターサービス課では、
謝意が伝わる良質な品々を厳選して取り扱い致しております。
お問い合わせください。(電話03-3682-3229まで)
なぜ念珠を持つのでしょうか。
数珠の数は108個であり、これは108の煩悩を絶つという願いからです。
その108個を基本として、半分の54個、四分の一の27個のものがあります。
また数珠の光徳は、仏と私たち衆生の間に立って仏道修行を助けてくれる
法具であるといえます。
*念珠は平安祭典でもご購入いただけます。低価格で品質の良い数珠をご用意しております。
「忌中」と「喪中」の違いを教えてください。
「忌中」とは、近親者が死亡した場合に、慎んで暮らす期間のことで、
一親等(配偶者・親・子)内での四十九日間を言います。
「喪中」とは、祝事を差し控えている間のことをいいます。
二親等(配偶者・親・兄弟・祖父母)内での ご不幸で、一周忌までが喪中と言います。
※忌中・喪中ともに明治7年の大政官布告「服忌令」からはじまり、
現在では慣習として残っているだけで決まり事ではありません。
故人を慈しみ思う気持ちで「忌中・喪中」を判断なさるのが良いでしょう。
菩提寺とはなんですか。
菩提寺とは、先祖のお墓があるお寺です。自分の家がその宗旨、信徒として所属し、
祖先の菩提を弔う為のお寺のことで、菩提寺、檀那寺とも言われています。
ページトップへ
神式のお葬式では何をするのでしょうか。
仏式とは違い焼香はしません。神式では、玉串奉奠を行ないます。
榊の小枝を、胸の高さに捧げて枝先をご霊前に向け、玉串台へ奉げてから
二礼二拍手(弔事の場合は音をたてない)の後、一礼をします。
戒名・法名・法号の違いは何ですか
戒名とは仏名のことで、本来は生前に信仰の厚い人、
お寺や社会に貢献した人に 与えられるものです。
今日では、故人も俗界を離れて仏の弟子になった印として、
仏式による葬儀の場合につけてもらいます。
生きている間の名前と俗名とする仏教のお考えでは、
死後の名前を戒名・法名・法号と言います。
その違いは宗派によるもので、浄土真宗では法名(院釈、釈)、日蓮宗では法号(妙法)、
その他の仏教では戒名と言います。
一般的に良い戒名と言われるものは、正しくは戒名ではなく位号の文字の違いを
言われることが多く、位号は仏教徒の階級を表す意味があります。
男性は(院殿居士、院居士、居士、信士)。女性は(院殿大姉、院大姉、大姉、信女)。
子供は(童子、童女、孩子、孩女)。院殿号は昔では天皇、皇后、
大名やその夫人に限られていましたが、現代では、寺院の興隆に大きな貢献をされた人や、
または社会に多大なる功績や尽くした人に与えられています。
お見積りはこちら 年中無休 ご相談無料 もしも…の時の安心ダイヤル お気軽にお問い合わせください
資料請求 お問い合わせ